マネジメント能力の必要性

管理者(マネジャー)は、経営層が決定した業績目標を達成するために、部下のモチベーションを高めながら適切に指揮指導することによって目標を実現していかなければなりません。しかし、人口減少の問題に加え、経済のグローバル化によって競争が激しくなり、目標達成が非常に難しくなっています。また、若年層においては、個人主義傾向が強まり、対人関係スキルが不足している新入社員も増加しており、管理者(マネジャー)の部下指導も多様化されています。

そのような環境の中でも管理者(マネジャー)は、管理者としての立場で部下を適切に指揮指導し、自ら課せられた目標を達成しなければなりません。

ビジネスマネジャー検定試験公式テキスト(第2版)では、マネジャーに求められるミッションは、「チームとして成果を出すこと」とし、そのミッションを達成するために必要な役割として下記5つの項目を掲げています。

1.経営方針とチームの目標を共有・浸透させる。

2.戦略を策定・実行し、問題を解決しながら目標を達成うる。

3.チームのエネルギーを最大化する。

4.部下を育成し評価する。

5.リスクを迅速かつ適切に処理する。