小口現金勘定(資産)

小口現金勘定

小口現金a/cは、各部署における少額の支払いを管理する勘定であり、通常は、各部署に設置する用度係(小口現金係)が少額の支払いのための現金を管理します。

小口現金の扱いには、次の2つの方法があります。

(1) 定額資金前渡法インプレスト・システム):一定額のお金(通常は小切手)を用度係(小口現金係)に支給し、一定期間後、使用金額の報告をさせ、その後、使用金額と同額のお金を補給する方法。小口現金として使用できる金額の限度が決まっているため、資金管理に有用な方法のため、通常は、この方法が採用されます。

(2) 随時補給法:一定額を定めず、必要に応じて随時補給する方法。

【仕訳例】当社は、定額資金前渡法を採用することになり、用度係に対し、前渡し金額として10,000円の小切手を振り出した。

小口現金 10,000 当座預金 10,000

 

【仕訳例】用度係より小口現金に対する支払業務報告(切手代3,000円、タクシー代4,500円、文房具代2,000円)を受けた。

通信費 3,000 小口現金 9,500
交通費 4,500
消耗品費 2,000

 

【仕訳例】上記使用分と同額の小口現金9,500円の補給を行うため、用度係に同額の小切手を振り出した。

小口現金 9,500 当座預金 9,500

 

通常、小口現金を備える企業は、現金a/cを持たず、預金に関するa/cと小口現金a/cを備えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です