売掛金勘定(資産)

売掛金

得意先との間の通常の取引に基づいて発生した営業上の未収入金をいいます。得意先に商品を掛けで販売した場合、債権管理を総勘定元帳上で行う場合には、人名勘定が用いられることになります。しかし、得意先の数が多くなった場合、人名勘定の数が多くなり、総勘定元帳が煩雑化してしまいます。よって、総勘定元帳上には売掛金a/cのみを設置し、得意先の債権管理については、得意先(売掛金)元帳によって行う帳簿形態が取られます。

業種によっては、売掛金a/cと異なる科目名が用いられます(建設業では「完成工事未収入金a/c」など)。

【仕訳例】得意先姫路商店に商品15,000円を販売し、代金は掛けとした(人名勘定を使用した場合)。

姫路商店 15,000 売上 15,000

 

仕訳例】得意先姫路商店の掛け代金15,000円を現金で受け取った(人名勘定を使用した場合)。

現金 15,000 姫路商店 15,000

 

【仕訳例】得意先姫路商店に商品15,000円を販売し、代金は掛けとした。

売掛金 15,000 売上 15,000

 

仕訳例】得意先姫路商店の掛け代金15,000円を現金で受け取った。

現金 15,000 売掛金 15,000

 

【会社法】売掛金(通常の取引に基づいて発生した事業上の未収金で、破産更生債権等の1年以内に弁済を受けることができないものを除く)は流動資産に属するものとする。(会計規第74条第3項第1号ハ)

【金商法】

1.売掛金(破産更生債権等で1年内に回収されないものを除く)は流動資産に属するものとする。(財規第15号第3号)

2.売掛金は「売掛金」科目として掲記する。(財規第17条第1項第3号)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

受取手形勘定(資産)

次の記事

有価証券勘定(資産)