従業員立替金勘定(資産)

従業員立替金

立替金は、外部の取引先、役員・従業員、親会社・子会社などに対して一時的に金銭を立て替えた際に生ずる債権です。通常、外部に対する立替金は、立替金a/cで処理し、内部の役員や従業員に対する立替金は、「役員・従業員立替金a/c」で処理します。

【仕訳例】従業員負担の生命保険料10,000円を現金で立替払いした。

従業員立替金 10,000 現金 10,000

 

【仕訳例】従業員に給料100,000円を支給し、以前に立て替えていた10,000円を差し引いた残額を現金で支払った。

給料 100,000 立替金 10,000
現金 90,000

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

立替金勘定(資産)

次の記事

前払金勘定(資産)