普通預金勘定(資産)

普通預金

金融機関との間で普通預金取引契約に基づいて開設される預金口座。

【仕訳例】銀行に普通預金口座を開設し、現金100,000円を預け入れた。

普通預金 100,000 現金 100,000

 

【仕訳例】仕入先への買掛金30,000円の支払いとして、普通預金口座より引き落としされた。

買掛金 30,000 普通預金 30,000

 

【会社法】預金は流動資産に属するものとする。ただし、1年以内に期限の到来しないものを除く。(会計規第7条第3項第1号イ)

【金商法】

1.預金は流動資産に属する物とする。ただし、1年以内に期限の到来しないものを除く。(財規第15号第1号)

2.預金は「現金及び預金」科目として掲記する。(財規第17条第1項第1号)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

当座預金勘定(資産)

次の記事

定期預金勘定(資産)