有価証券勘定(資産)

有価証券

有価証券とは、財産権を表す証券のことをいいます。簿記上、有価証券a/cで処理されるものは、金融商品取引法に明記されている有価証券に限定されます。主なものに、株式や債券などがあります。よって、株式や債券を取得したときは、有価証券a/cで処理されます。なお、取得時の証券会社等への支払手数料は有価証券a/cに含んで処理されます。

【仕訳例】大阪株式会社の株式を1株あたり100円で1,000株購入し、代金は購入手数料1,000円と合わせて小切手で支払った。

有価証券 101,000 当座預金 101,000

 

【仕訳例】上記に購入した大阪株式会社の株式1,000株のうち500株を1株110円で売却した。なお、代金は現金で受け取った。

現金 55,000 有価証券 50,500
有価証券売却益 4,500

 

【企業会計原則】有価証券には流動資産に属するものと投資等に属するものとがあるが、市場性のある有価証券で一時所有のものが流動資産に属する有価証券である。(原則第三・四A)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です