未収入金勘定(資産)

未収入金

通常の営業取引以外の取引に基づいて発生した金銭を受け取る権利は売掛金a/cと区別して未収入金a/cで処理します。例えば、有形固定資産や有価証券などを売却した際に生ずる未収代金などが該当します。

【仕訳例】帳簿価額1,100,000円の土地を900,000円で売却し、代金は翌月末に受け取ることにした。

未収入金 900,000 土地 1,100,000
固定資産売却損 200,000

 

【仕訳例】帳簿価額52,000円の株式を55,000円で売却し、代金は月末に受け取ることにした。

未収入金 55,000 有価証券 52,000
有価証券売却益 3,000

 

 

【金商法】通常の取引に基づいて発生した未収入金で売掛金以外のもの及び通常の取引以外の取引に基づいて発生した未収入金で1年以内に回収されると認められるものは、その他の流動資産に属するものとする(財規ガイドライン15-12③)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

前払金勘定(資産)

次の記事

仮払金勘定(資産)