消耗品勘定(資産)

消耗品

消耗品a/cは、文房具等の消耗品で未使用の状態のものを表します。期中に消耗品を取得したときには、消耗品a/c(資産)で処理する方法と、消耗品費a/c(費用)で処理する方法があります。期中に消耗品a/cで処理している場合には、決算時において使用分の金額を消耗品費a/cに振り替える決算整理仕訳を行います。また、期中に消耗品費a/cで処理している場合には、決算時において未使用分の金額を消耗品a/cに振り替える決算整理仕訳を行います。

【仕訳例】消耗品1,000円を現金で購入した。なお、購入時に消耗品費a/cで処理する。

消耗品費 1,000 現金 1,000

 

【仕訳例】決算日において未使用の消耗品が250円あった。なお、決算時点の消耗品費a/cの残高が1,000円である。

消耗品 250 消耗品 250

 

【仕訳例】消耗品1,000円を現金で購入した。なお、購入時に消耗品a/cで処理する。

消耗品 1,000 現金 1,000

 

【仕訳例】決算日において未使用の消耗品が250円あった。なお、決算時点の消耗品a/cの残高が1,000円である。

消耗品費 750 消耗品 750

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です