商品券勘定(負債)

商品券

商品券を発行した場合には、後日、その商品券の券面額に相当する商品を引き渡す義務が生じます。よって、商品券を発行したときは、商品券a/cで処理されます。

【仕訳例】商品券1,000円を発行し、代金は現金で受け取った。

現金 1,000 商品券 1,000

 

【仕訳例】商品1,500円を販売し、代印は当店発行の商品券1,000円と現金500円を受け取った。

商品券 1,000 売上 1,500
現金 500

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

仮受金勘定(負債)

次の記事

未払費用勘定(負債)