当座借越勘定(負債)

当座借越契約

企業が当座預金残高を超えて小切手を振出した場合、銀行はその支払いを拒絶する。ただし、企業が当座預金残高を超えて小切手を振り出した場合でも、担保の一種である根抵当を差し入れておくことにより、一定の限度額までは銀行が立替えて、支払いに応じる契約を結ぶこともできる。これを銀行の側からは当座貸越契約といい、預金者である企業の側からは当座借越契約という(簿記テキスト/中央経済社)。

銀行との間で当座借越契約を締結すれば、契約限度額まで銀行が自動的に融資してくれます。この融資額を当座借越といいます。なお、当座借越の処理については、①1勘定制と②2勘定制の2つの処理方法があります。

1勘定制:当座預金に関する取引については、すべて当座a/c(混合勘定)で処理する方法。当座a/cが借方残高の場合は、資産の勘定となり、貸方残高の場合は、負債の勘定となります。

2勘定制:当座預金に関する取引について、当座預金a/c(資産)と当座借越a/c(負債)の2つの勘定を使って処理する方法。

【仕訳例】当店は、取引銀行と借越限度額100,000円の当座借越契約を締結しています。本日、仕入先明石商店の買掛金30,000円を支払うために小切手を振り出して支払った。なお、当座預金口座の残高は20,000円であった(2勘定制)。

買掛金 30,000 当座預金 20,000
当座借越 10,000

 

【仕訳例】取引銀行の当座預金口座に現金30,000円を預け入れた。なお、当座借越a/c残高(貸方)が10,000円ある(2勘定制)。

当座借越 10,000 現金 30,000
当座預金 20,000

 

【仕訳例】当店は、取引銀行と借越限度額100,000円の当座借越契約を締結しています。本日、仕入先明石商店の買掛金30,000円を支払うために小切手を振り出して支払った。なお、当座預金口座の残高は20,000円であった(1勘定制)。

買掛金 30,000 当座 30,000

 

【仕訳例】取引銀行の当座預金口座に現金30,000円を預け入れた。なお、当座借越額が10,000円ある(1勘定制)。

当座 30,000 現金 30,000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です