未払金勘定(負債)

未払金

通常の営業取引以外の取引に基づいて発生した金銭を支払う義務は買掛金a/cと区別して未払金a/cで処理します。例えば、有形固定資産や有価証券などを取得した際に生ずる未払代金などが該当します。

【仕訳例】土地を900,000円で購入し、代金は翌月末に支払うことにした。

土地 900,000 未払金 900,000

 

買掛金は、仕入先との間の通常の取引に基づいて発生した事業上の未払金であるから、その他の未払金とは区別しなければならない。ただし、電気、ガス、水道料、外注加工賃等の事業上の未払金は、その役務提供が継続的で、原材料や商品の仕入に準じて企業の売上原価や営業費の重要部分を占める場合もあることから、買掛金として処理することもある(会計処理ガイドブック/清文社)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

当座借越勘定(負債)

次の記事

仮受金勘定(負債)