貸倒引当金勘定(資産のマイナス勘定・評価勘定)

貸倒引当金

決算において、受取手形や売掛金などの期末残高のうち、将来貸倒れになると予想される金額を見積もり、費用として計上します。その相手科目として貸倒引当金a/cを使用します。

決算時に貸倒引当金を計上する方法には、①洗替法と②差額補充法の2つの方法があります。

①洗替法:前期から繰り越された貸倒引当金の残高を全額減額させるとともに貸倒引当金戻入a/cに計上し、当期末の金銭債権の貸倒れ見積額を新たに貸倒引当金a/cに設定させる方法。

【仕訳例】当期末において売掛金期末残高1,000,000円に対して3%の貸倒引当金を設定する。なお、貸倒引当金の残高が8,000円ある。(1,000,000円×3%=30,000円)

貸倒引当金 8,000 貸倒引当金戻入 8,000
貸倒引当金繰入 30,000 貸倒引当金 30,000

 

②差額補充法:当期末の金銭債権の貸倒れ見積額を計算し、前期から繰り越された貸倒引当金の残高をその金額に合わせるために差額を調整する方法。

【仕訳例】当期末において売掛金期末残高1,000,000円に対して3%の貸倒引当金を設定する。なお、貸倒引当金の残高が8,000円ある。(1,000,000円×3%=30,000円、30,000円-8,000円=22,000円)

貸倒引当金繰入 22,000 貸倒引当金 22,000

 

費用収益対応という見地からは、洗替法がすぐれているといえる。税法は、この処理法を要求している(精説簿記論Ⅰ(改訂版)/森川八洲男著)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です