車両運搬具勘定(資産)

車両運搬具

収益を獲得することを目的に使用し、所有する鉄道車両・トラック・自動車などをいいます。車両運搬具を取得したときは、購入価額に取得するために必要な登録手数料などの付随費用を含めた金額を車両運搬具a/cの取得原価として記帳します。

自動車取得税、重量税などの税金は、取得原価に含めなくてよく、租税公課a/c(費用)で処理されます。

【仕訳例】営業用の車両を1台3,0000,000円で購入し、代金は後日支払うこととした。なお、購入の際、登録手数料25,000円、自動車取得税30,000円が生じており、それらについては現金で支払った。

車両運搬具 3,025,000 未払金 3,000,000
租税公課 30,000 現金 55,000

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

備品勘定(資産)

次の記事

土地勘定(資産)