商品売買益勘定(収益)

商品売買益

商品売買の処理について、分記法を採用した場合、商品を販売した時にその商品の原価と利益を分けて記帳します。その利益部分について商品売買益a/cで処理します。

分記法を採用している場合、期中において商品販売で得られた利益の金額は、商品売買益a/cを通じて把握することができるほか、商品a/cで帳簿残高をその都度確認することができる利点があります。しかし、販売の都度、その商品の原価を調べ、原価と利益を分けて記帳するには、非常に手間を要するため、扱っている商品の数が多く、取引数も多ければ、多大な労力を生じてしまうという欠点があります。また、分記法を採用している場合でも、損益計算書上では、売上高として表示されるため、勘定と表示が異なってしまうという欠点も生じます。

【仕訳例】仕入先明石商店から商品12,000円を掛けで購入した。

商品 12,000 買掛金 12,000

 

【仕訳例】得意先姫路商店に原価12,000円の商品を15,000円で掛け販売した。

売掛金 15,000 商品 12,000
商品売買益 3,000

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です