社会保険料預り金勘定(負債)

社会保険料預り金

役員、従業員及び得意先等から一時的に金銭等を預かった場合に預り金a/cで処理します。簿記上では、通常、預けられた目的や預け先等に応じて○○預り金a/cという具体的な勘定科目が使用されます。社会保険料に対する預り金の場合、社会保険料預り金a/cで処理することがあります。

社会保険料の納付期限は、原則として翌月末日までに、事業負担分と合わせて納付します。事業負担分については、法定福利費a/c(費用)で処理されます。

【仕訳例】従業員に給料100,000円を支給し、源泉所得税10,000円、社会保険料8,000円を差し引いた残額を現金で支払った。

給料 100,000 所得税預り金 10,000
社会保険料預り金 8,000
現金 82,000

 

【仕訳例】従業員から預かった社会保険料預り金8,000円と企業負担分8,000円を合わせて社会保険事務所に現金で納付した。

社会保険料預り金 8,000 現金 16,000
法定福利費 8,000

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です