資本金勘定(純資産)

資本金

個人企業の場合、企業の債権者に対して経営者は無限責任を負うことになります。無限責任とは、企業に対する債務を経営者の出資額を限度とするのではなく、債務の全てに責任を負うというものです。よって、個人企業の場合には、純資産の科目を詳細に区分する重要性もないため、純資産の勘定は資本金a/cのみとなっています。

【仕訳例】現金100,000円を元入れして、営業を開始した。

現金 100,000 資本金 100,000

 

【仕訳例】現金50,000円を追加元入れした。

現金 50,000 資本金 50,000

 

【仕訳例】店主が私用でお店の現金10,000円を引き出した。

資本金 10,000 現金 10,000

 

【仕訳例】店主が私用でお店の商品5,000円を消費した(商品取引は三分法)。

資本金 5,000 仕入 5,000

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です