固定資産売却損勘定(費用)

固定資産売却損

有形固定資産を売却した時に、売却価額が当該固定資産の売却時点の帳簿価額を下回っていることによって生じる損失部分を固定産売却損a/cで処理します。

固定資産売却損益の金額は、その資産の売却価額から売却時の帳簿価額及び仲介手数料等の売却に要した費用を控除して表示するのが一般的である(会計処理ガイドブック/清文社)。

【仕訳例】期首に備品(取得原価10,000円、既償却額3,000円)を6,000円で売却し、現金を受け取った。なお、減価償却の記帳については、間接法を採用している。

備品減価償却累計額 3,000 備品 10,000
現金 6,000
固定資産売却損 1,000

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です