手形売却損勘定(費用)

手形売却損

手形の所持人は、支払期日前に所持している手形を銀行に買い取ってもらうことができます。このことを手形の割引といいます。支払期日前に買い取ってもらうため、手形の券面額に書かれている金額から手形を割り引いた日から支払期日までの利息等の金額(割引料)を差し引かれた残額を受け取ることになります。手形の券面額と受取金額との差額は、手形売却損a/cで処理します。

【仕訳例】以前に得意先姫路商店から受け取っていた姫路商店振出し、当店宛ての約束手形10,000円を支払期日前に取引銀行にて割り引き、割引料500円を差し引かれた残額を当座預金とした。

当座預金 9,500 受取手形 10,000
手形売却損 500

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

租税公課勘定(費用)

次の記事

当座勘定(混合勘定)