支払手数料勘定(費用)

支払手数料

弁護士や経営コンサルタントなどの企業外部の専門家に業務を依頼したときに発生する業務委託料に対価を支払手数料a/cで処理します。この場合の支払手数料a/cは損益計算書上、販売費及び一般管理費に表示されます。また、金融機関などで生じる振込手数料なども支払手数料a/cで処理しますが、この場合の支払手数料a/cは営業外費用に表示されます。

【仕訳例】経営コンサルタントに業務を依頼し、コンサルタント料として100,000円を現金で支払った。

支払手数料 100,000 現金 100,000

 

土地や建物を購入したとき、不動産仲介業者に支払う仲介手数料は支払手数料勘定で処理しない。購入した土地や建物の付随費用として取得価額に含めて処理する(勘定科目・仕訳事典/中央経済社)。

【仕訳例】土地1,000,000円を購入し、代金は小切手を振り出して支払った。なお、購入にあたり仲介手数料などの付随費用100,000円を現金で支払った。

土地 1,100,000 当座預金 1,000,000
現金 100,000

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

発送費勘定(費用)

次の記事

広告宣伝費勘定(費用)