旅費交通費勘定(費用)

旅費交通費

旅費とは、役員や従業員が業務を遂行するために出張を行った際の宿泊代や遠距離の移動の際に生じる交通機関利用時の費用を表し、交通費は、業務遂行のために利用する近距離の移動の際に生じる交通機関利用時の費用を表します。勘定科目上は、旅費と交通費を分けずに旅費交通費a/cで処理します。

いわゆる通勤のための交通費は、一般的にこの科目で処理されるが、一定の金額を超えるものは当該従業員等の給与所得とされるので注意を要する(会計処理ガイドブック/清文社)。

【仕訳例】従業員の出張にあたり、旅費交通費の概算額10,000円を現金で前渡しした。

仮払金 10,000 現金 10,000

 

【仕訳例】上記の従業員が出張から戻り、旅費交通費として9,500円を使用したとの報告を受け、残額500円を現金で受け取った。

旅費交通費 9,500 仮払金 10,000
 現金  500

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です