株主の権利

自益権

自益権とは、株主個人の利益についての権利のことをいいます。具体的には、剰余金配当請求権及び残余財産分配請求権などがあります。

共益権

共益権とは、会社の経営参画についての権利のことをいいます。具体的には、議決権などがあります。また、共益権は単独株主権と少数株主権に分けることができます。

単独株主権:1株しか持たない株主でも行使できる権利です。具体的には、議決権や代表訴訟提起権などがあります。

少数株主権:一定以上の株式を有している株主のみが行使できる権利です。具体的には、株主総会招集請求権(100分の3以上)、帳簿閲覧権(100分の3以上)などがあります。

単元株制度

一定数の株式を有しなければ議決権を与えないことができます。一定数の株式をまとめたものを1単元といい、定款に記載することによって、1単元に満たない株式保有者には、議決権を与えないこととする制度のことを単元株制度といいます。1単元の株式につき1個の議決権が与えられます。なお、株式発行会社は1単元を自由に設定することができますが、1単元の株式数をあまりにも大きくしてしまうと、経営に参加できる人が限定されてしまうため、1単元は最大1,000株とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です