直接金融と間接金融

金融市場と証券市場

金融とは、資金供給者が資金需要者に対して資金を提供することをいい、その資金の提供の場は、大きく金融市場証券市場に分けることができます。

間接金融

金融市場は、資金提供者が銀行などの金融機関に金銭を預け入れ、資金需要者が金融機関からその預けられた金銭を調達することで資金を得ることができます。金融市場は、間接金融とも呼ばれます。間接金融では銀行などの金融機関が、預けられた金銭を企業等に貸し出しますので、その資金回収にかかわるリスクは貸し出しを行った金融機関が負うことになります。そのため銀行等の金融機関は、金銭の貸出先の信用や経営の健全性を適切に調査するとともに、自らの経営健全性が重要視されるのです。

直接金融

証券市場は、資金需要者が株式や債券などの有価証券を発行し、資金提供者がそれらの有価証券を購入することにより、金銭の提供を行います。証券市場では、直接金融とも呼ばれます。有価証券は需給関係等の影響により価値が変動します。直接金融では、有価証券の価値の下落に伴うリスクを有価証券の購入者(投資家)が負うことになります。そのため、証券市場が適切に運営されるためには、公正な市場取引を確保するための取引ルールの構築と、有価証券を発行する企業などの充実した情報開示制度が望まれるのです。

発行市場

証券市場は機能面から発行市場と流通市場に分けることができます。資金需要者が資金調達を目的に株式や債券などの有価証券を新規に発行し、資金提供者(投資家)に第1次取得される市場のことを発行市場といいます。発行市場は、金融商品取引所のような具体的な市場のない、抽象的な市場であり、当事者間での相対によって取引が行われます。

流通市場

第1次取得者が、所有している有価証券を売却しそれを第2次取得者が購入し、また、第2次取得者がその有価証券を売却しそれを第3次取得者が購入するような市場のことを流通市場といいます。流通市場は、発行市場と異なり、金融商品取引所のような具体的な市場によって取引が行われます。

両市場の関係

新規に発行される有価証券の発行価格は、流通市場で形成された有価証券価格が基準となります。また、発行市場の規模は、流通市場の活性化に大きく影響されます。このように発行市場と流通市場には、密接な関係があり、有機的に結びついています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

損益勘定

次の記事

発行市場と流通市場