協会員の投資勧誘等

協会員の投資勧誘

顧客に対する投資勧誘

協会員は、顧客の投資経験、投資目的、資力等を十分に把握し、顧客の意向と実情に適合した投資勧誘を行うように努めなければなりません。

自己責任原則の徹底

協会員は、顧客に対する投資勧誘を行うにあたって、投資は、自己責任が原則であり、投資者自身の判断と責任において行うべきものであることを顧客に理解させる必要があります。

協会員の顧客管理

顧客カード

協会員は、顧客管理の適正化の観点から、有価証券の売買等を行う顧客(特定投資家を除きます。)に対して顧客カードを備え付けなければなりません。顧客カードには以下の内容が記載されます。

1.氏名又は名称

2.住所又は所在地又は連絡先

3.生年月日

4.職業

5.投資目的

6.資産の状況

7.投資経験の有無

8.取引の種類

9.顧客となった動機

10.その他各協会員において必要と認める事項

取引開始基準

信用取引や新株予約権証券などのハイリスク・ハイリターン取引について、協会員は、それぞれ取引開始基準を定め、その基準に適合した顧客からこれを受託しなければなりません。

内部者登録カード

協会員は、上場会社等の特定有価証券等の売買を初めて行う顧客について、上場会社等の役員等に該当するか否かの届け出を求め、当該届け出に基づいて上場会社等の役員等に該当する者については、上場会社等の特定有価証券等の売買が行われるまでに、内部者登録カードを備え付けなければなりません。内部者登録カードには以下の内容が記載されます。

1.氏名又は名称

2.住所又は所在地又は連絡先

3.生年月日(顧客が自然人の場合)

4.会社名、役職名及び所属部署

5.上場会社等の役員等に該当することとなる上場会社等の名称及び銘柄コード

取引の安全確保

協会員は、新規顧客、大口取引顧客等からの注文を受託するに際し、あらかじめ当該顧客から買付代金又は売付有価証券の全部又は一部の預託を受けるなど、取引の安全性の確保に努めなければなりません。

顧客の注文に係る取引の適正管理

協会員は、顧客の注文に関する取引と自己の計算による取引とを区分するため、顧客の注文に関する伝票を速やかに作成し、整理及び保全を行うなど、顧客の注文に係る取引を適正に管理しなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です