照合通知書及び契約締結時交付書面

照合通知書

照合通知書による報告

協会員は顧客との取引における債権債務の残高について、顧客の区分に従い、それぞれに定める頻度で照合通知書により顧客に報告しなければなりません。

1.有価証券の売買その他の取引のある顧客:1年に1回以上

2.有価証券関連デリバティブ取引及び店頭デリバティブ取引のある顧客:1年に2回以上

3.金銭又は有価証券の残高がある顧客で、上記取引又は受渡しが1年以上行われていない顧客:随時

照合通知書には、下記に掲げる事項等が記載されますが、MMF又は中期国債ファンド等のキャッシングに係るものは除外されます。

1.立替金、貸付金、預り金又は借入金の直近の残高

2.単純な寄託契約、委任契約、混蔵契約又は消費寄託契約に基づき寄託を受けている有価証券及び振替口座簿への記載又は記録等により管理している有価証券の直近の残高

3.質権の目的物としての金銭又は有価証券の直近の残高

残高のない顧客への報告

残高がない顧客に対しては、直前に行った報告以後1年に満たない期間に上記1.~3.の残高があった場合には、照合通知書により、現在は残高がないことを当該顧客に報告しなければなりません。

照合通知書の作成及び交付

作成:協会員の検査監査又は管理の担当部門で作成されます。

交付:原則として、顧客の住所、事務所の所在地又は当該顧客が指定した場所に郵送されます。例外として、店頭での顧客への直接交付又は顧客から交付方法について特に申し出があった場合において協会が定める方法によって交付することができます。

照会:顧客から金銭又は有価証券の残高について照会があったときは、協会員の検査、監査又は監理の担当部門がこれを受け付け、遅滞なく顧客に対して回答しなければなりません。

契約締結時交付書面

契約締結時交付書面とは、有価証券取引等に関する約定報告書のことをいい、有価証券の売買等の取引内容が記載されます。

1.作成:有価証券取引等が成立したときは、遅滞なく顧客に送付しなければなりません。

2.交付:原則として、顧客の住所、事務所の所在地又は当該顧客が指定した場所に郵送します。例外として、店頭での顧客への直接交付又は顧客から交付方法について特に申し出があった場合において協会が定める方法によって交付することができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

有価証券の寄託

次の記事

協会員の投資勧誘等