株式の店頭取引

種類

店頭取扱有価証券

店頭有価証券のうち、有価証券報告書を提出しなければならない会社又は会社内容説明書を作成している会社が発行する株式、新株予約権証券及び新株予約権付社債券を店頭取扱有価証券といいます。

店頭取扱有価証券は、一定の条件のもと、適格機関投資家以外の顧客等に対しても投資勧誘を行うことができます。

グリーンシート銘柄

店頭取扱有価証券のうち、取扱会員等が投資勧誘を行う者として日本証券業協会が指定した銘柄のことをいいます。なお、グリーンシート銘柄制度は、2018(平成30)年3月31日をもって廃止されます。

フェニックス銘柄

店頭取扱有価証券のうち、取引所に上場していた当時から保有する者に対して、流通の機会を提供する必要があると取扱会員となろうとする会員が判断した銘柄であり、協会員及び金融商品仲介業者が投資勧誘を行うものとして、日本証券業協会が指定したものをいいます。

青空銘柄

店頭取扱有価証券以外の店頭有価証券は、青空銘柄と呼ばれます。青空銘柄は、原則として顧客に対して投資勧誘を行うことはできません。しかいs、一定の条件のもとにおいて、適格機関投資家のみに対しては、投資勧誘を行うことができます。

売買の方法

店頭取扱有価証券の売買

店頭取扱有価証券の売買は、会員間又は会員と顧客との間の相対売買により行われ、成行注文の受託や信用取引については禁止されています。

委託形式の取引:顧客から売買を委託された会員が、他の会員に取り次ぐ等により執行する取引。

仕切形式の取引:顧客の売買に対し、会員の自己勘定が相手方となって対等し、約定を成立させる取引。

グリーンシート銘柄等の売買及び投資勧誘

グリーンシート銘柄等の取引を行う顧客に対しては、グリーンシート銘柄等の取引方法及び投資に当たってのリスク等を記載した契約締結前交付書面を交付し、これらについて十分に説明をしなければなりません。

グリーンシート銘柄等の売買については、店頭有価証券の売買と同じ形式で行われます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です