付随業務の内容

付随業務の種類

金融商品取引業者のうち第一種金融商品取引業又は投資運用業を行う者は、本業の金融商品取引業のほかに、本業に付随する業務として内閣総理大臣への届け出や承認が不要な下記付随業務を行うことができます。

1.有価証券の貸借又はその媒介もしくは代理

有価証券を貸出し、合意された期間経過後、貸し出された有価証券の銘柄と同種、同等、同量の有価証券を返還するという有価証券の消費貸借取引又はその媒介若しくは代理を行う業務。

2.信用取引に付随する金銭の貸し付け

信用取引を行おうとする顧客に対して、金融商品取引業者が顧客に対し金銭を貸し付ける業務。

3.顧客から保護預りしている有価証券を担保とする金銭の貸し付け

キャッシング業務と担保貸付業務のことで、キャッシング業務については、後述します。

4.有価証券に関する顧客の代理

株式業務の取次業務、有価証券に関する常任代理業務、顧客への各種支払金の代理受領業務等があります。常任代理業務とは、日本国外居住の投資家(外国投資家)との委任契約に基づいて、事務全般又は一部について代理・代行する業務。

5.投資信託委託会社の発行する投資信託又は外国投資信託の受益証券に係る収益金、償還金又は解約金の支払いに係る業務の代理

投資信託又は外国投資信託について、金融商品取引業者が、委託会社との契約に基づき、当該委託会社が募集及び発行管理する投資信託等の収益金、償還金及び解約金の顧客に対する支払いを委託会社に代行して行う業務。

6.投資法人の発行する投資証券若しくは投資法人債券又は外国投資証券に係る金銭の分配、払戻金もしくは残余財産の分配又は利息若しくは償還金の支払いに係る業務の代理

投資法人の発行する投資証券等について、金融商品取引業者が、当該投資法人の発行する有価証券に係る顧客への金銭の分配及び償還金等の支払いを行う業務。

7.累積投資契約(金融商品取引業者が顧客から金銭を預り、当該金銭を対価として、あらかじめ定めた期日に当該顧客の有価証券を定期的及び継続的に買い付け、取得させることを約した契約のこと)の締結

8.有価証券に関連する情報の提供又は助言

9.他の金融商品取引業者等の業務の代理

10.登録投資法人の資産の保管

11.他の事業者の事業の譲渡、合併、会社の分割、株式交換もしくは株式移転に関する相談に応じ、又はこれらに関し仲介をおこなうこと。

12.他の事業者の経営に関する相談に応じること

13.通貨その他デリバティブ取引に関連する資産として政令で定めるものの売買又はその媒介、取次ぎもしくは代理

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

債券市況

次の記事

届出業務の内容