債券の売買手法

入替売買

入替売買は、同一の投資家が同時に異なる銘柄の債券の売り買いをする売買手法です。法人投資家が行う債券売買の多くが、このうような入替売買の形態となっています。

入替売買は、法人投資家が債券運用の効率化を行うとともに、資金目的に沿った構成に改善するために行います。

目的と手法

(1)市況感に基づく入替え:金利低下を予想した場合には、短中期債を売却して中長期債を購入します。金利上昇を予想した場合には、中長期債を売却して短期債を購入します。

(2)流動性アップ入替え:債券の資金化を目的として行われ、国債などの流動性の高い銘柄で、価格変動リスクの低い短期債へ入替えます。

(3)直利アップ入替え:決算期の利益の捻出を目的として行われ、クーポン・レートの高い債券へ入替えます。

(4)最終利回りアップ入替え:運用効率の向上を目的として行われ、長期金利>短期金利の時にできる限り利回りの高い長期債に入替えます。

(5)利回り較差運用入替え:運用効率の向上を目的として行われ、利回り較差(スプレッド)を活用して、運用効率をあげるために入替えます。

(6)固定的ポートフォリオ運用のための入替え:バランスの保持を目的として行われ、ポートフォリオの償還期限バランスの一定保持の運用のために入替えます。

ラダー型:短期から長期までの債券を各年度ごとに均等に保有し、毎期、同じ満期構成を維持するポートフォリオ。

ダンベル型(バーベル型):流動性の確保のために短期債と収益性の追求のための長期債のみを保有するポートフォリオ。

現先取引

現先取引とは、同種同量の債券等を一定期間後に一定の価格で買い戻す(売り戻す)ことを、あらかじめ約束して売却する(買付る)売買取引のことをいいます。

なお、売買対象債券は、国債、地方債、政府関係機関債、特定社債、社債、投資法人債、円貨外債及び外貨建債券等、ただし新株予約権付社債券は除かれています。現先取引には、自己現先と委託現先の2つの種類があります。

自己現先:自己現先とは、金融商品取引業者が自己の保有する債券や資金をもとに売り方または買い方になる売買のことです。

委託現先:委託現先とは、金融商品取引業者が顧客の委託を受けて、取引の仲介を行う売り現先のことです。

着地取引

着地取引は、将来の一定の時期に一定の条件で債券の受渡しを行うことを約束する売買取引のことです。約定日から受渡しまでの期間を1ヵ月以上とし、約定日から受渡しまでの期間(着地期間)は、6ヵ月を超えてはなりません。売買対象取引債券は、現先取引と同様です。

ベーシス取引

現物価格と先物価格の差のことをベーシスといいます。ベーシスが異常に拡大すれば、将来再び縮小することを見込んで、割高な方を売り、割安な方を買います。反対にベーシスが異常に縮小すれば、将来再び拡大することを見込んで、割高な方を回、割安な方を売ります。予想通りベーシスが縮小又は拡大すれば、反対売買により利益を得ることができます。

このような現物価格と先物価格との開きに着目して利ざやを得る取引のことをベーシス取引といいます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

債券流通市場