債券発行市場

発行市場の担い手

債券を発行する場合には、資金調達の目的や債券市場の状況などを考慮した上で、発行時期、発行額、発行条件等が決定され、投資家に応募の勧誘が行われ、その後、投資家から申込代金の払い込みを受けて債券が発行されることになります。このような一連の手続きが行われる市場を債券の発行市場といいます。

発行市場は、債券の発行によって資金調達を行う「発行者」、債券投資によって資金を運用する「投資家」以外に「引受会社」、「社債管理者」の4者によって成り立っています。

引受会社

引受会社は、発行会社が債券を新規に発行するとき、または売り出すことを目的でその債券の全部または一部を取得(買取引受け)、または債券が売れ残ったときにその残部を取得する(残額引受け)契約を行う会社です。

大量に発行される債券は、ひとつの引受会社のみが引き受けるのではなく、引受責任の分散のために、複数の会社が集まって共同して引受業務を行います。このような集団のことを引受シンジケート団といいます。地方債及び政府保証債の引受シンジケート団は、銀行等の金融機関及び証券会社(金融商品取引業者)で組織され、事業債等の引受シンジケート団は、証券会社(金融商品取引業者)のみで組織されます。

社債管理者

社債管理者は、社債権者のために社債に係る債権の弁済及び社債に係る債権の実現を保全するために必要な一切の権限を有する者です。会社法により社債発行会社は、原則として社債管理者の設置が義務づけられています。社債管理者になることができるのは、銀行信託銀行または担保付社債信託法による免許を受けた会社等に限られます。

社債の発行

起債方式:以前のわが国の社債発行は、様々な規制が存在し、一定の方式に従って画一的に決められていました。しかし、現在では、多くの規制緩和の流れの中で、市場情勢に従って発行条件を決定する方式へと変わってきています。

例えば、格付けが高い社債を中心として「スプレッド・プライシング方式」と呼ばれている手法が採用されてきています。「スプレッド・プライシング方式」とは、投資家の需要状況を調査する際に、条件の提示を利率の絶対値で行うのではなk、国債等の金利に対する上乗せ分(スプレッド)を提示することで、金利変化に対応すると同時に、きめ細かく投資家の需要を探ろうとするものです。

格付け:格付けとは、社債を発行することで発行会社が負うこととなる金融債務について、総合的な債務履行能力や個々の債務等の約定通りに履行される確実性に対して、格付機関の意見を簡単な記号で示し、投資家に発行会社や様々な債券の信用度を分かりやすく伝達するものです。

発行登録制度

発行登録制度は、発行体があらかじめ証券発行予定額等を記載した発行登録書を提出しておくことにより、一定期間内は実際の発行時に改めて発行届け出を提出することなく発行条件等を記載した発行登録追補書類を提出するだけで発行が可能となり制度のことです。

現在、普通社債の発行においては、大部分の発行体が発行登録制度を採用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

総論

次の記事

債券流通市場