不動産投資法人(J-REIT)

不動産投資法人の概要

不動産投資法人とは、主として不動産等及び不動産等を投資対象とする証券等に投資し、賃料収入及び売却益等の運用益を投資家に分配することを目的とする投資法人のことをいいます。米国の不動産投資信託が、REIT(リート)という略称で呼ばれることから、J-REIT(ジェイ・リート)と呼ばれることもあります。

運用

運用対象である不動産等は、流動性が低いため、安定的な運用を図るためにクローズド・エンド型で運用され、金融商品取引所に上場されています。信託財産全体の70%以上が不動産等で占められること、信託財産全体の50%以上が安定的な賃貸事業収入がある不動産等で占められることなどの要件を満たさなければなりません。

販売

上場株式と同じように、投資証券は金融商品取引業者を通じて、金融商品取引所で売買されます。売買注文は、指値注文、成行注文のどちらも可能です。

収益分配等

収益分配

収益分配金は、決算日現在の投資主名簿に記載された投資主に支払われます。なお、上場不動産投資法人は、配当可能所得の90%超を投資者に分配することで、法人税が免除されます。

開示

上場不動産投資法人は、決算ごとに財務諸表を作成すると同時に、資産運用報告書を作成し、会計監査人の監査を受け、役員会の承認を受けた後、遅滞なく投資主に通知することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

投資信託における課税