収益性分析

資本利益率

資本の利用によって、どれほど効率的に利益を稼いだのかを示す指標です。

総資本(純)利益率(ROA:Return On Assets)

企業に投下された資本は、株主から払い込まれた資本(自己資本)と銀行等からの借り入れ資本(他人資本)があります。総資本利益率は、資本全体でどれほど効率的に利益を稼いだのかを示す指標をいいます。

総資本(純)利益率=当期純利益÷総資本(期首・期末平均)×100

自己資本利益率(ROE:Return On Equity)

自己資本利益率は、株主が出資した自己資本でどれほど効率的に利益を稼いだのかを示す指標です。自己資本利益率が高ければ企業の収益性は高いといえます。

総資本(純)利益率(ROA)が、自己資本と他人資本を合わせた総資本に対する収益性を算定するのに対して、自己資本利益率(ROE)は、自己資本という株主の観点から収益性を算定することに特徴があります。

自己資本利益率=当期純利益÷自己資本(期首・期末平均)×100

自己資本利益率(ROE)が低い場合には、その原因を調査しなければなりません。この場合、自己資本利益率(ROE)を下記計算式のように2つの構成要素に分解して調査します。

自己資本利益率=総資本(純)利益率×財務レバレッジ(当期純利益÷自己資本)=(当期純利益÷総資本)×(総資本÷自己資本)

財務レバレッジは本来、負債の依存度を意味しますが、自己資本側からみれば、株主が投資した資金によって企業がどれほどの資産を活用したかを表します。上記の計算式より、資本構成が一定であれば、総資本(純)利益率(ROA)が高くなるほど、自己資本利益率(ROE)も高くなります。しかし、総資本の構成割合が負債が高い場合(自己資本の割合が低い)には、総資本(純)利益率(ROA)が低いにもかかわらず、自己資本利益率(ROE)が高くなる場合もあります。

資本金(純)利益率

資本金(純)利益率は、当期純利益と資本金との割合を示し、どの程度の割合で配当が可能なのかを示す指標です。通常、資本金(純)利益率は、高いほどよいとされていますが、一般的に、企業規模が大きくなれば、この比率は低くなる傾向にあります。なお、配当の可能範囲を表す指標という側面から、分子の利益は税引後当期純利益が望ましいと思われます。

資本金(純)利益率=当期純利益÷資本金(期首・期末平均)×100

1株当たり利益

資本金(純)利益率は、資本金額に対する利益の割合を示す指標ですが、この1株当たり利益は、1株に対する利益の割合を示す指標です。資本金額という貨幣単位で計算を行うのか、又は1株という物量単位で計算を行うかの違いはありますが、どちらも収益率を算定する指標となります。

1株当たり利益=当期(純)利益÷発行済株式総数

売上高利益率

売上高利益率は、売上高に対してどれほど利益を稼いでいるのかを示す指標です。

1.売上高(純)利益率
当期の売上に対して、どれほどの正味利益を得ることができたのかを示す指標です。分母の売上高は、総売上高から戻り高(売上返品)及び売上値引き高を控除した純売上高を用います。

売上高(純)利益率=当期純利益÷売上高×100

2.売上高総利益率
売上高に対する売上総利益(粗利益)の割合を示すもので、企業の購買・製造活動の良否を示すものです。この比率は、(1-売上原価率)として表わすこともできます。なお、売上原価率とは、売上原価÷売上高で算定されます。

売上高総利益率=売上総利益÷売上高×100

3.売上高営業利益率
売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引いた利益のことを営業利益といいます。売上高営業利益率とは、営業利益を(純)売上高で除して算定することによって、企業本来の営業活動による収益力を表わします。

売上高営業利益率=営業利益÷売上高×100

売上高経常利益率

営業利益から営業外損益を加減算して算定した利益のことを経常利益といいます。売上高経常利益率は、経常利益を(純)売上高で除して算定することによって、経常的な操業活動における収益力を表わします。

売上高経常利益率=経常利益÷売上高×100

キャッシュ・フロー分析

売上高営業キャッシュ・フロー比率

一定期間の売上高に対し、本業の営業活動でどの程度のキャッシュ・フローを生み出したのかを示す分析です。

売上高営業キャッシュ・フロー比率=営業活動によるキャッシュ・フロー÷売上高×100

営業キャッシュ・フロー有利子負債比率

一定期間の営業活動によるキャッシュ・フローにより、どの程度、有利子負債が返済可能かという企業の支払能力を示した指標です。この比率が高いほど、負債に対する支払能力が高いと判断されます。

営業キャッシュ・フロー有利子負債比率=営業活動によるキャッシュ・フロー÷有利子負債×100

配当政策と配当率・配当性向

配当性向

会社が一定期間に稼いだ利益のうち配当として株主に分配する割合を配当性向といいます。

配当性向=配当金÷当期純利益×100

配当水準が一定であるとすれば、配当性向は不況期には高めになり、好況期には低めになります。配当性向が高いということは、株主に対し利益を積極的に還元していることになり、資金が社外に多く流出することを表し、配当性向が低いということは、株主に対し利益を消極的に還元していることになり、資金が社内に多く留保(内部留保率が高い)されることになります。

配当率

株主が出資した資本金に対する配当金の割合を配当率といいます。

配当率=配当金÷資本金×100

従来、わが国の多くの上場会社では、平均配当率を11%、配当率の上限を30%とするような安定配当政策がとられてきましたが、近年では、配当率40%以上の企業も見られるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です