国際収支

国際収支統計

国際収支統計は、一定期間に行われた一国のあらゆる対外経済取引を体系的に記録した統計のことをいいます。

 経常収支

経常収支は、日本の居住者と海外の居住者による財・サービス取引における、すべての受取りからすべての支払いを差し引いたもので、下記の計算で算定されます。

経常収支=貿易・サービス収支+第一次所得収支+第二次所得収支

上記計算式において、貿易収支は、商品の輸出ー商品の輸入、サービス収支は、輸送、旅行、その他のサービスが計上されます。第一次所得収支は、雇用者報酬と投資収益の受払いが計上されます。最後に第二次所得収支は、消費財に係る無償資金援助や国際機関への拠出金等といった対価を伴わない物資及びサービスの受払いが計上されま

資本収支

資本収支は、わが国と海外との間でなされた資本の流れを捉えたものです。

資本収支=投資収支+その他資本収支

国際収支統計の関係

国際収支統計は、下記の関係にあります。

経常収支+資本収支+外貨準備増減+誤差脱漏=0

外国為替

国内通貨と外国通貨との交換比率のことを為替レートといいます。為替レートも基本的に一般の商品の価格と同じように外国為替に対する需要と供給によって決定されます。

ドルの需要が発生するのは、日本が外国から原材料や製品を輸入する場合や、外国の債券や株式を購入する場合であり、ドルの供給が発生するのは、外国が日本から製品を輸入する場合や、日本の債券や株式を購入する場合です。これらの取引のようにドルの需要と供給には、経済取引から生じるものと資本取引から生じものの2種類があり、為替レートは、その相対的な関係から決定されることになります。

世界貿易の動向

輸出大国である我が国は、世界貿易も重要視しなければなりません。貿易依存度とは、世界貿易に対し自分の国の経済がどの程度の影響を受けるかを表したもので、下記の計算式で求められます。

貿易依存度={(自国の貿易額(商品輸出+商品輸入)}÷名目GDP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

経済動向

次の記事

金融(マネーストック)