安全性分析

流動性分析

流動比率

短期的に支払わなければならない流動負債を、現金預金等の流動資産でどれだけ賄うことができるかを表す指標を流動比率といいます。200%以上あることが理想とされています。「2対1の原則」と呼ばれることもあります。

流動比率=流動資産÷流動負債×100

当座比率

流動資産のうち、短期間に現金化される当座資産(流動資産-棚卸資産)のみを支払手段として債務の返済能力を表す指標を当座比率といいます。100%以上あることが理想とされています。

当座比率=当座資産÷流動負債×100

財務健全性分析

固定比率

長期に渡り使用することによって収益を生み出す固定資産は、返済期限のない自己資本で賄うことが望ましいと考えられます。その固定資産に投資した金額に対する自己資本の割合を示す指標を固定比率といいます。100%以下が理想とされています。

固定比率=固定資産÷自己資本×100

固定長期適合率

固定負債への投資は返済期限のない自己資本で賄うことが望ましいと考えられますが、わが国の場合、固定資産の投資資金を社債の発行や銀行からの長期借入で賄うケースが多いため、上記、固定比率を補完する指標として固定長期適合率があります。固定比率の計算式の分母に固定負債を加算(連結貸借対照表においては、非支配株主持分も加算)して計算します。100%以下が理想とされており、この比率は小さいほどよいとされています。

固定長期適合率=固定資産÷(自己資本+固定負債)×100

固定長期適合率が100%の場合、固定資産=自己資本+固定負債になります。その結果、流動資産=流動負債の関係になりますので、流動比率が100%であるときは、固定長期適合率も100%ということになります。

負債比率

自己資本に対する有利子負債の割合を示す指標のことを負債比率といいます。100%以下が理想とされており、この比率が小さいほど、自己資本が充実しているとみなすことができますので、財務の安全性は高くなります。

負債比率=負債(流動+固定)÷自己資本×100

自己資本比率

総資本(負債+自己資本の額)の中で返済の必要のない自己資本がどれほどあるのかを示す指標を自己資本比率といいます。この比率が大きいほど、自己資本が充実しているとみなすことができますので、財務状態が安定しているといえます。

自己資本比率=自己資本÷総資本×100

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です