少額投資非課税制度(NISA)

少額投資非課税制度(NISA)

少額投資非課税制度(NISA)とは、金融商品取引業者等の営業所に非課税口座を開設し、その口座で取得した上場株式等の配当等やその上場株式等を売却したことにより生じた譲渡益については、非課税管理勘定を設定した日の属する年の1月1日から最長5年間にわたり非課税とされる制度です。

金融庁の「NISA口座の開設・利用状況調査(平成27年6月末現在)」によると、NISA口座数は2014年6月末時点で727万3,667口座、2015年6月末時点で921万2,167口座と公表されています。

対象者

非課税口座開設の年の1月1日において満20歳以上の居住者等

非課税対象

非課税口座内の少額上場株式等の配当及び譲渡益等(上場株式等には、上場ETF・REIT及び公募株式投資信託を含みます。)

口座開設可能期間

2014(平成26)年1月1日から2023(平成35)年12月31日までの10年間

非課税投資額

1つの非課税管理勘定における投資額は、2016(平成28)年より120万円を上限(未使用枠の翌年以降への繰越は不可)

非課税投資総額

2016年から最大600万円120万円×5年間

ジュニアNISA

2015年度の税制改正によって2016年よりジュニアNISA(未成年者口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置)が創設されました。

対象者

非課税口座開設の年の1月1日において20歳未満またはその年に出生した居住者等

非課税対象

非課税口座内の少額上場株式等の配当及び譲渡益等(上場株式等には、上場ETF・REIT及び公募株式投資信託を含みます。)

口座開設可能期間

2016(平成28)年1月1日から2023(平成35)年12月31日までの8年間

非課税投資額

1つの非課税管理勘定における投資額は、80万円を上限(未使用枠の翌年以降への繰越は不可)

非課税投資総額

最大400万円80万円×5年間

運用上の注意事項

親権者等の代理または同意の下で投資、18歳になるまで原則として払出しは不可。

つみたてNISA

2018年1月よりつみたてNISA(積立型少額投資非課税制度(仮称))が創設されました。

対象者

非課税口座開設の年の1月1日において20歳以上

非課税対象

非課税口座内の少額上場株式等の配当及び譲渡益等(上場株式等には、上場ETF・REIT及び公募株式投資信託を含みます。)

口座開設可能期間

2018年1月1日から2038年12月31日までの20年間

非課税投資額

1つの非課税管理勘定における投資額は、40万円を上限(未使用枠の翌年以降への繰越は不可)

非課税投資総額

最大800万円40万円×20年間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

相続税及び贈与税

次の記事

その他の論点