損益計算書・キャッシュ・フロー計算書

損益計算書の仕組み

損益計算書は、一定期間(会計期間)の費用と収益を対応させることによって企業の経営成績を明らかにする財務諸表です。この損益計算書によって企業の収益性の程度を判断することができます。

損益計算書の仕組み

売上高(収益)から売上原価(費用)を差し引いて売上総利益を求めます。売上総利益から販売費及び一般管理費(費用)を差し引いて営業利益を求めます。営業利益から営業外収益(収益)を加算し、営業外費用(費用)を差し引いて経常利益を求めます。経常利益から特別利益(収益)を加算し、特別損失(費用)を差し引いて税引前当期純利益を求め、そこから法人税、住民税及び事業税を差し引いて当期純利益を算定します。

各項目の内容

1.売上高:商品の販売またはサービスの提供により得た収益

2.売上原価:売上高に対応する商品の仕入れまたは製品にかかった費用

3.売上総利益:売上高から売上原価を差し引いて求められる利益。粗利益とも呼ばれます。

4.販売費及び一般管理費:営業活動や管理業務によって生じた費用(人件費、水道光熱費など)

5.営業利益:通常の販売活動によって得られる利益

6.営業外収益:金融活動によって得た収益(受取利息、受取配当金など)

7.営業外費用:金融活動によって生じた費用(支払利息、為替差損など)

8.経常利益:通常の営業活動と金融活動の結果を合わせた利益

9.特別利益:通常の営業活動以外の要因で発生した、臨時的、偶発的な収益(固定資産売却益など)

10.特別損失:通常の営業活動以外の要因で発生した、臨時的、偶発的な損失(固定資産売却損など)

11.税引前当期純利益:1年間の企業活動の総合的な結果を表します。

キャッシュ・フロー計算書の仕組み

キャッシュ・フロー計算書は、一定期間(会計期間)のキャッシュ・フローの状況を企業の営業活動投資活動及び財務活動の3区分に分けて表示する財務諸表です。このキャッシュ・フロー計算書によって企業の安全性と流動性の程度を判断することができます。

なお、キャッシュ・フロー計算書におけるキャッシュの概念は、「現金及び現金同等物」を意味します。現金とは、手許現金や要求払預金を含みます。現金同等物は、容易に換金でき、かつ、価格変動リスクの極めて少ない短期投資を含みます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です