消費者契約法

目的

消費者と事業者との情報格差等の原因により両者の契約に関するトラブルが増加したことを背景に、事業者の不適切な行為によって生じた契約を消費者が取り消すことができることとしています。

事業者の不適切な行為とは、下記のような行為をいいます。
1.事業者が契約における重要事項について事実と異なることを消費者に伝えたり、不確実な事項について断定的判断を提供したりすることによって、消費者が誤認した場合。

2.事業者が勧誘している場所から消費者が退去する旨の意思表示を示したにもかかわらず、消費者を退去させなかったことにより、消費者が困惑した場合。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

金融商品販売法