経済とGDP(国内総生産)

GDP(国内総生産)

わが国の経済活動の様子を全体的に把握するためには、GDP(国内総生産)という指標を用います。これを生産面・分配面・支出面からとらえた場合、その額は等しくなります。このことを三面等価の原則といいます。

生産面からのGDP

GDPは、国内のそれぞれの経済活動部門で生み出された付加価値(生産額-中間投入額)の合計額として捉えることができます。生産活動を行えば、機械設備等の価値が減少します。このような機械設備等の価値の減少のことを固定資本減耗(減価償却)といいます。

GDPからの固定資本減耗を差し引いて算定された値のことを国内総純生産といいます。国内の経済活動の水準を把握するためには、国内純生産のほうが望ましいのですが、固定資本減耗を正確に、かつ短期間に算定することが困難なため、GDPを用いることが一般的となっています。

分配面からのGDP

GDPは、生産活動に参加した労働力や企業資本といった生産要素に振り分けられます。雇用者所得は、賃金・旧臘及び社会保険その他の雇用者負担分の合計です。また、企業所得は民間法人企業・個人企業・公的企業の配当受払後の利益をいいます。分配面から捉えることで、1年間に産み出された付加価値が、どこに分配されたかを把握することができます。分配面からのGDPは、次の式によって計算されます。

国内総生産=雇用者報酬+営業余剰+固定資本減耗+(間接費-補助金)

支出面からのGDP

GDPは、支出面からの消費と投資の2つに分けることができます。消費は、民間のものと政府によるものの2つに分けることができます。民間によるものの大部分が家計によるものです。政府によるものは、中央政府と地方政府による財・サービスの購入、公務員の給料及び教育や防衛費などになります。

投資について民間においては、住宅投資及び企業設備投資等があり、政府においては、一般に公共投資と呼ばれているものがあります。支出面からのGDPは、次の式によって計算されます。

国内総生産=民間消+民間投資+政府支出+(輸出-輸入)

名目GDPと実質GDP

GDPには、名目GDP実質GDPの2つの考え方があります。名目GDPは、市場価格で評価した数値をいい、実質GDPは名目GDPから物価上昇分を差し引いた数値です。GDPが上昇しても、同時に物価が同じように上昇すれば、経済活動水準が高まったとはいえません。したがって、実質GDPの変化率によって経済活動水準を測ることが大切になります。

名目GDPと実質GDPの水準を測るモノサシとしてGDPデフレーターがあります。

GDPデフレーター=名目GDP÷実質GDP×100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

IOSCOの行為規範原則

次の記事

経済動向