総論

投資信託とは

投資信託とは、第三者である投資の専門家が、一般投資家から資金を集め、運用し、その運用の成果を一般投資家に還元する仕組みのことをいいます。投資家にとっては、運用の専門家が資金の運用を行うことにより大きな成果を期待することができます。

また、少額の資金で多くの資産に分散して投資することにより、リスクの回避をすることができる等のメリットがあります。

投資信託の分類

対象投資家による分類

1.公募投資信託
不特定多数の投資家を対象とする投資信託をいいます。

2.私募投資信託
適格機関投資家及び少数の一般投資家を対象とする投資信託をいいます。オーダーメイド的な性格のため、その運用やディスクロージャーに関する規制は、公募投資信託に比べ緩やかなものとなっています。

設立上の形態による分類

1.契約型投資信託
委託者と受託者が投資信託契約を締結し、その契約に基づいて設立された基金を委託者が運用し、その受益権を投資家が取得する形態のことをいいます。

2.会社型投資信託
資産運用を目的とする会社を設立し、その会社が発行する証券を投資家が取得する形態のことをいいます。

解約可否についての分類

1.クローズド・エンド型
投資家が解約できない投資信託をいいます。投資対象資産の流動性が低い場合には、クローズド・エンド型が向いているといえます。

2.オープン・エンド型
投資家が解約することができる投資信託をいいます。これにより基金(ファンド)の減少が絶えず行われるものをいいます。

追加設定の可否についての分類

1.単位型
最初に設定された後、資金の追加を行わない投資信託をいいます。単位型投資信託には、継続して定期的に同じ仕組みの投資信託を設定していくファミリーファンド・ユニット(定期定型投資信託)と、その時々の投資家のニーズや株式市場等に応じて、これらに適合した仕組みの投資信託を設定するスポット型投資信託の2種類があります。

2.追加型
最初に設定した後、次々と資金の追加設定を行っていく投資信託をいいます。

投資対象による分類

1.証券投資信託
主として有価証券等を対象に運用を行う投資信託をいいます。

2.不動産投資信託
主として不動産等を対象に運用を行う投資信託をいいます。

その他の投資信託

1.マザーファンド
受益権を投資信託委託会社自らが運用の指図を行うほかの投資信託(ベビーファンド)を取得させることを目的とする投資信託のことをマザーファンドといいます。運用の効率化を図るために、同一の投資対象・運用方法を仕組みの異なる複数のベビーファンドで利用したい場合などに用いられます(ファミリーファンドといいます)。

2.ファンド・オブ・ファンズ
投資信託(投資法人)及び外国投資信託(外国投資法人)への投資を目的とする投資 信託(投資法人)のことをファンド・オブ・ファンズといいます。より専門性の高い運用機関が運用するファンドの投資成果を享受したり、異なるリスク特性のファンドを複数組み合わせることで、新たな収益機会を投資家に提供したりすることを目的に利用されます。

3.確定拠出年金向けファンド
運用成果によって将来の受取額が変動する私的年金のことを確定拠出年金といいます。確定拠出年金向けファンドは、この確定拠出年金の運用商品として提供されることを目的としたファンドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です