証券投資信託の分配・換金等

証券投資信託の収益分配

証券投資信託の計算期間は、信託財産ごとに投資信託約款で決められており、各計算期間の末日に、投資信託委託会社は、信託財産ごとに決算を行います。

単位型(株式・公社債)

決算期末において、純資産総額から経費を控除した後の金額が、元本を上回る場合には、元本超過額と期間中の配当等収益とを比べ、多い額の範囲内で分配することができます。元本を下回る場合には、期間中の配当等収益の範囲内で分配することができます。

追加型株式投資信託

経費控除後の配当等収益に、期中に実現された売買損益と期末における時価評価した際の評価損益の合計額から経費を控除した額が利益となる場合に、分配することができます。ただし、前期から繰り越された欠損金がある場合には、その欠損金への充当後の額を分配することとなります。

追加型公社債投資信託

期末における元本超過額の全額を分配します。

収益分配金の支払い

収益分配金は決算期ごとに決定され、投資家は販売会社を通じて受け取ります。収益分配金の支払いは、通常、決算日から5営業日目以降行われます。ただし、投資家が、分配金再投資を選択し、販売会社との間で累積投資契約を締結している場合には、分配金の支払いは翌営業日とされ、当該分配金は税金を差し引かれた後、支払日の前日(原則的には 決算日)の基準価額で追加信託されることにより再投資が可能となります。

証券投資信託の換金

換金の方法

投資信託を保有している受益者(投資家)が、信託期間中に換金を希望する場合には、解約と換金の2種類があります。

1.解約

解約請求を行うことにより、販売会社を通じて解約され、換金されます。解約された受益証券の額だけ、信託財産は減少することになります。

2.買取り
買取請求を行うことにより、販売会社に時価で買い取ってもらうことにより、換金されます。信託財産が減少することはありません。

代金の支払い

解約・買取代金の支払いは、通常、請求日の4営業日目に販売会社で行われます。ただし、MMF、MRFについては、翌営業日とされますが、キャッシング機能を通じて、当日換金が可能です。

証券投資信託の償還

単位型投資信託

信託期間の終了とともに償還されます。ただし、多くの場合、残存元本が一定の水準を下回れば、信託期間中でも繰り上げて償還することができるよう定めています。

追加型投資信託

償還されないことが原則ですが、一定の信託期間を設けているものが多く、その場合、信託期間の終了とともに償還されることとなります。また、単位型と同様に、多くの場合、残存元本が一定の水準を下回れば、信託期間中でも繰り上げて償還することができるよう定めています。

償還金の支払い

償還金は、償還日から起算して5営業日までに開始されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

証券投資信託の販売

次の記事

不動産投資法人(J-REIT)