証券投資信託の運用

運用制限

株式等に関する制限

投資信託運用会社が運用している投資信託財産の合計額のうち、同一法人の発行する株式を50%超保有することは禁止されています。

投資信託証券に関する制限

投資信託証券に関する投資制限では、投資信託証券への組み入れについて、原則として純資産の5%以内でなければなりません。

運用手法

インデックス運用(パッシブ運用)とアクティブ運用

1.インデックス運用
日経平均株価やTOPIXなどの指数をベンチマーク(運用成果を判断する基準)とし、ベンチマークにできるだけ近い運用成果を目指す手法です。

2.アクティブ運用
経済、金利、企業など多方面にわたる調査・分析等を行い、ベンチマークとは異なるリスクを取り、ベンチマークを上回る運用成果(収益の獲得)を目指す手法です。

トップダウン・アプローチとボトムアップ・アプローチ

1.トップダウン・アプローチ
マクロ経済に対する調査・分析を行い、その結果に基づいて、ポートフォリオを組み立てていく運用手法です。

2.ボトムアップ・アプローチ
個別企業に対する調査(企業訪問なども含め)・分析を行い、その結果の積み上げによって、ポートフォリオを組み立てていく運用手法です。

グロース株運用とバリュー株運用

1.グロース株運用
企業の成長性を重視して、ポートフォリオを組み立てていく運用手法です。

2.バリュー株運用
株式の価値と株価水準を比べ、その結果、割安と判断される銘柄を中心にポートフォリオを組み立てていく運用手法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です