貸借対照表

貸借対照表の仕組み

貸借対照表とは、一定時点(決算日)において資金をどのようにして集めてきたのかということや、その資金をどのように使用したのかという2つの側面(企業の財政状態)を明らかにするために作成されます。この貸借対照表によって企業の財務の安全性や財務健全性の程度を判断することができます。

表示上の分類

資産の部及び負債の部は、流動と固定に区分されて表示されます。その区分の方法として正常営業循環基準と1年基準の2つの方法があります。

正常営業循環基準

企業の主目的たる営業取引を通じて発生したものは、全て流動資産又は流動負債として扱う基準です。正常営業循環基準に含まれない資産、負債については、1年基準が適用されます。(例:受取手形・売掛金・支払手形・買掛金)

1年基準

決算日の翌日から起算して1年以内に回収される資産を流動資産に、1年以内に支払期限が到来する負債を流動負債とする基準です。

資産の部

資産の部は、流動資産・固定資産・繰延資産に分類されます。
1.流動資産
① 当座資産
現金・受取手形・売掛金など比較的短期間で容易に現金化できる資産

② 棚卸資産
製品・商品など一般に在庫品と呼ばれる資産

③ その他の流動資産
前渡金・短期前払費用など上記以外の流動資産

2.固定資産
① 有形固定資産
建物・車両など長期的に使用することによって収益獲得に貢献する有形の資産

② 無形固定資産
のれん・特許権など法律上の権利及び事実上の権利

③ 投資その他の資産
投資有価証券・長期貸付金など上記以外の固定資産

負債の部

負債の部は、流動負債・固定負債に分類されます。
1.流動負債
支払手形・買掛金・短期借入金など比較的短期に決済される負債

2.固定負債
社債・長期借入金など比較的長期に決済される負債

純資産の部

資産から負債を引いたものを純資産と呼びます。純資産の部は、大きく株主資本と株主資本以外の項目に区分することができます。株主資本の項目は、資本金、資本剰余金及び利益剰余金で構成され、株主資本以外の項目は、評価・換算差額等、新株予約権及び非支配株主持分(連結貸借対照表の場合)で構成されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

会社の計算

次の記事

安全性分析