金融(マネーストック)

 通貨

我々が日頃使っている通貨には、3つの役割があります。①価値尺度としての役割、②交換手段としての役割、③価値の貯蓄手段としての役割の3つです。また、通貨は現金通貨及び預金通貨という狭義の通貨と定期預金等の準通貨に分けることができます。

マネーストック(通貨供給量)

金融市場の分析を行うためには、通貨の動きを把握することが大切です。マネーストックは、国内の民間非金融部門(国や銀行等を除く一般の法人・個人・地方公共団体等)が保有する通貨量のことをいいます。

マネーストックの種類

M3 M1 現金通貨 硬貨・紙幣
預金通貨 当座預金・普通預金
準通貨 定期性預金
譲渡性預金(CD)

上記、M3のうち預金の預入れ先が国内銀行等(ゆうちょ銀行は除く)に限定されたものをM2といい、一般的にマネーストックの推移をみる場合は、M2が使用されることが多いようです。

マネーストックと物価

長期的には、マネーストックと物価間には相関関係があります。そのため、日本銀行は金融政策の運用目標として、マネーストックを重要視しています。

マネーストックが増加すると、物価は上昇(インフレ)する傾向にあり、マネーストックが減少すると、物価は下降(デフレ)する傾向にあります。

マーシャルのk

マーシャルのkとは、マネーストックが経済活動の水準と比べて多いか、少ないかを測る指標の一つで、下記の計算で算定されます。

マーシャルのk=M2÷名目GDP

一般的にマーシャルのkの変化率は一定であると考えられています。よって、このトレンド線を上回れば貨幣量は過剰であり、下回れば過少であると判断することができるといわれています。

インフレ(物価上昇)

インフレが生じれば、通貨の主要機能が大きく損なわれます。

1.価値尺度機能の側面
通貨価値が不安定化することにより、通貨によって表示される商品の通貨も不安定なものになるため、通貨の価値尺度機能が損なわれることとなります。

2.交換手段機能の側面
インフレが進行している間は、通貨を少しでも早く手放さないと価値が目減りするため、安定した交換手段としての通貨の交換手段機能が損なわれることとなります。

3. 貯蔵手段機能の側面
現金や預金などの形で通貨を保有している者は、インフレの進行による通貨価値の目減りを避けることができないため、価値の貯蔵手段としての通貨の貯蔵手段機能が損なわれることとなります。

金利

一般的に、比較的資金の供給が少ない状態で資金需要が増えれば金利は上昇し、資金供給が潤沢のなかで資金需要が減退すれば金利は低下します。

金利と物価の関係にも注意が必要です。例えば、年8%の金利で資金を借り入れた場合、この8%に当たる金利を名目金利と呼びます。しかし、そのとき物価上昇率が6%の状況であれば、1年後の通貨の価値は6%目減りすることになりますので、事実上、8%から6%を差し引いた2%の金利で借り入れたことになります。この2%に当たる金利を実質金利と呼びます。

物価上昇が激しく、人々が物価上昇を予想して資金の貸借を行う場合、名目金利が次の計算式で算定されることになります。

名目金利=実質金利+期待(予想)インフレ率

物価上昇が激しいときには、予想物価上昇率が大きくなるため、名目金利も上昇します。このことをフィッシャー効果と呼びます。

為替

為替レートの変動は、物価や金利そして経済全体にも影響及ぼします。一般的に円安になると輸入物価の上昇をまねくため、全体的な物価上昇をもたらし、金利が上昇します。反対に、円高になると輸入物価の下落をまねくため、全体的な物価下落をもたらし、金利が低下します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です