金融(金融機関と金融市場)

主な金融機関

日本銀行

わが国の中央銀行で、日本銀行法に基づいて設立された銀行です。下記3つの機能を有しています。

1.発券銀行
銀行券の独占的発行権を有する銀行としての機能

2.銀行の銀行
市中金融機関を対象に取引を行う銀行としての機能

3.政府の銀行
政府の出納業務を行う銀行としての機能

都市銀行・地方銀行

都市銀行・地方銀行とも銀行法に基づいて免許を得た銀行です。

信託銀行

信託業務の兼営が認められている銀行。

信用金庫

信用金庫法に基づいて免許を受けた協同組織の中小企業金融機関です。

証券金融会社

金融商品取引法に基づいて免許を受けた証券金融専門の株式会社です。信用取引に必要な資金や有価証券等を金融商品取引業者に貸し付ける貸借取引を主として行っています。

短資会社

短期金融市場(コール市場や手形市場等)において、金融機関相互の資金取引の仲介業務を主として行っています。

ノンバンク

クレジット会社、信販会社、リース会社等が該当します。

金融市場

金融市場は、金融資産の満期までの期間が1年未満の短期金融市場と、金融資資産の満期までの期間が1年以上の長期金融市場に区分することができます。

短期金融市場は、その市場に参加する対象者によりインターバンク市場とオープン市場に区分することができます。

インターバンク市場

金融機関のみが参加することができる市場で、余裕資金のある金融機関が資金不足の金融機関に資金を貸し出すことによって、資金の過不足を調整する市場です。

1.コール市場
有担保コール市場と無担保コール市場があります。資金の最大の出し手(貸し手)は、信託銀行であり、最大の取り手(借り手)は、都市銀行等となっています。

2.手形市場
手形の取引期間は、原則自由です。

オープン市場

一般事業法人など金融機関でない者も参加することができる市場

1.レポ市場(現先・債券レポ)
現先取引とは、あらかじめ一定期間後に一定の価格で売り戻す(買い戻す)ことを条件に買い付ける(売り付ける)売買取引のことです。

債券レポ取引は、1996(平成8)年4月から現金担保付債券貸借取引と呼ばれる債券の貸借形式でスタートし、現在その規模は拡大しています。

2. CD市場
CDとは、譲渡性預金証書のことで、期間が1~3ヵ月のものが最も多く発行されています。発行者の過半数は、都市銀行となっており、預入者は金融機関、金融商品取引業者、短資会社などです。

3. 国庫短期証券市場
国庫短期証券は、償還期限1年以内の割引債で、償還期間は2ヵ月、3ヵ月、6ヵ月及び1年の4種類があります。

4.CP市場
CPとは、コマーシャル・ペーパーのことで、法的性格は約束手形です。多くは期間3ヵ月程度のものとなっています。

金利

1.基準割引率及び基準貸付利率(旧:公定歩合)
基準割引率及び基準貸付利率とは、日本銀行が民間金融機関に対する貸付金に適用される基準金利のことです。

2.貸出金利
民間金融機関の貸出金利は、返済期間が1年未満の短期貸出金利と、返済期間が1年以上の長期貸出金利に区分されます。
1.短期貸出金利
最も信用力のある企業に対する最優遇貸出金利である短期プライムレート(短プラ)が標準金利です。短プラは、資金調達コスト・資金需要・市場金利の動向等を勘案して、各金融機関が決定します。

2.長期貸出金利
長期貸出の最優遇金利である長期プライムレート(長プラ)が長期貸出金利の代表的な金利です。

預金金利

預金金利は、原則自由金利です。金融機関と預金者との間で短期金融市場の金利を基準に個別交渉により決定されます。

金融政策

金融政策とは、日本銀行が、その設立使命である物価の安定と金融システムの安定のために実施する政策のことをいいます。主な金融政策として公開市場操作預金準備率操作の2つがあります。

公開市場操作

日本銀行が市場で保有の債券等を売却あるいは、市場から債券等を取得することによって、民間金融機関が日本銀行に保有する当座預金残高を増減させることにより、短期金利に影響を与える政策です。

1.買いオペ(資金供給)
債券等を買い入れて資金の供給を行うことによって、金利水準を下げる手段です。

2.売りオペ(資金吸収)
債券等を売却して資金の吸収を行うことによって、金利水準を上げる手段です。

預金準備率操作

民間金融機関は、日本銀行に当座預金として預貯金等の一定割合相当額を預け入れなければなりません。この預け入れ金のことを準備預金といい、一定割合のことを預金準備率といいます。預金準備率操作とは、この預金準備率の変更によって、金融機関の支払準備を増減させ、金融に影響を与える政策のことです。

1.預金準備率を上げる
銀行は資金不足になり、金利水準は上昇傾向になります。

2.預金準備率を下げる
銀行は資金余剰となり、金利水準は下落傾向になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

金融(マネーストック)

次の記事

財政