つみたてNISA

つみたてNISA

2018年1月より「つみたてNISA」が新設されます。毎年最大40万円まで投資することができ、非課税期間は最長20年間であるため、投資総額は最大800万円(40万円×20年間)となります。メリットが非常に高い投資商品ですが、投資対象は金融庁の基準を満たした投信に限定されています。

NISAについては、現在、2014年1月に創設された「NISA」、2016年1月に創設された「ジュニアNISA」といったものがあります。それらのNISAと2018年1月より創設される「つみたてNISA」との違いを下記の表にまとめてみました。

  NISA ジュニアNISA つみたてNISA
正式名称 少額投資非課税制度 未成年者少額投資非課税制度 積立型少額投資非課税制度
対象者 20歳以上 未成年者(運用は両親等) 20歳以上
年間最大投資額 120万円 80万円(子供1人当たり) 40万円
最長非課税期間 5年間 5年間 20年間
最大投資額 600万円(120万円×5年) 400万円(80万円×5年) 800万円(40万円×20年)
制度終了年 2023年 2023年 2038年
現金の引き出し いつでも可能 18歳以降 いつでも可能
金融機関の変更 可能 不可能 可能

 

「NISA」と「ジュニアNISA」の併用は可能ですが、「NISA」、「ジュニアNISA」と「つみたてNISA」との併用はできません。

「つみたてNISA」の対象となる商品は、一部の投資信託及びETFに限られています。一部の投信は、金融庁が同制度の趣旨としている「長期・分散・少額」にふさわしい投信が選別されており、信託報酬の上限を決めるとともに、販売手数料がゼロ(ノーロード)であること、信託期間が長期間にわたることなどの条件が課せられています。

上記の条件等により、対象となっている投信のほとんどがインデックス型投信となっています。

つみたてNISA仮対象ファンド120本
投資対象 対象指数 ファンド数
日本 日経平均株価(日経225) 11
東証株価指数(TOPIX) 17
その他 10
海外 MSCI コクサイ 15
MSCI オールカントリー 3
MSCI エマージング 8
その他 6
バランス 資産複合 50

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です