第147回 簿記3級検定試験

第147回 簿記3級検定試験

第1問(仕訳)

1.現金過不足 2.租税公課及び資本の引き出し 3.商品販売及び発送費用 4.再振替仕訳 5.有価証券の売却

第2問(補助簿)

商品有高帳の記入(売上値引あり)及び純売上高、売上原価、売上総利益の算定

第3問(試算表)

残高試算表の作成

第4問(勘定記入)

費用の繰延べ

第5問(決算)

精算表

私見等

第3問(試算表)の解き方

例年通りの問題であったかと思います。おそらく合格率は50%を超えるでしょう。ネットスクールさんの解答速報動画を見ていると色々と思うことがありました。

今回の第3問は、残高試算表の作成問題で、資料が各取引ごとに示されており、重複記録が生じる問題でした。その重複記録も親切にも問題上に指示があるため、通常の問題よりも解きやすい問題であったかと思います。ネットスクールさんの解説では、下書き用紙に主要な勘定口座を作り、そこに集計させる方法を説明されていました。期中の仕訳をするよりも、勘定記入する方が速いという趣旨のことも言われていましたが、本当にそうでしょうか?

試算表作成問題の解き方としては、期中取引の仕訳を下書き用紙に書き、その仕訳から集計する方法と、期中取引を勘定に集計する方法の2つがあります。勘定に集計する方法は、先に下書き用紙に主要な勘定を書く必要があります。また、期中取引については、日頃の勉強では仕訳を中心に学習しているため、期中取引の資料から直接勘定に記入するのは、案外難しいものなのです。

また、今回の問題のように期中取引の資料が、現金に関する取引や当座預金に関する取引などのように各取引ごとに示されている場合には、仕訳を書きやすく、また、重複記録の対処もしやすいという利点があります。ただ、仕訳を記入して集計する場合、仕訳量が多くなった場合に、集計ミスなどが生じやすいという欠点があります。

勘定記入する方法の場合は、仕訳で集計する方法よりも集計ミスが生じにくいという利点があるのみで、決して仕訳で集計する方法よりも処理スピードが速くなるという訳ではありません。今回の問題では、各取引ごとに仕訳を計算用紙に記入し、重複している取引を消して、この仕訳を元に勘定に集計する方法の方がいいように思います。

仕訳の意味を考える

ネットスクールさんの解答速報動画では、仕訳を覚えるのではなく、仕訳の意味を考えることの大切さも話されていました。その例として付随費用をなぜ取得原価に含めるのかということについて、以下のような例を挙げて説明されていました。

〔例〕商品1,200,000円を現金で購入し、その際、手数料15,000円を現金で支払った。

商品 1,200,000 現金 1,200,000
支払手数料 15,000 現金 15,000

 

上記の場合、支払手数料a/c(費用)で処理せずに商品a/cに含めて処理します。

商品 1,215,000 現金 1,200,000
現金 15,000

 

上記仕訳を行った結果、この商品が売れたときに商品が売上原価という費用に振り替えられることで、売上という収益を対応させることができるからです。

現金 ××× 売上 ×××
売上原価 1,215,000 商品 1,215,000

 

確かに適正な期間損益計算のためには、当期の収益に対応する費用を計上させることが必要なのですが、通常、商品の購入時の処理は3分割法のため、上記商品購入時の処理は、下記のようになります。

〔例〕商品1,200,000円を現金で購入し、その際、手数料15,000円を現金で支払った。

仕入 1,215,000 現金 1,200,000
現金 15,000

 

上記商品が当期に販売されなかった場合には、決算整理仕訳として下記の処理を行います。

繰越商品 1,215,000 仕入 1,215,000

 

上記商品を購入した場合、下記の処理を行ったとします。

仕入 1,200,000 現金 1,200,000
支払手数料 15,000 現金 15,000

 

上記商品が販売されなかった場合には、決算整理仕訳として下記の処理を行っても間違いではないはずです。

繰越商品(資産) 1,200,000 仕入 1,200,000
繰延支払手数料(資産) 15,000 支払手数料 15,000

 

長々と仕訳を書きましたが、何が言いたいかというと、仕訳の意味を考えることは確かに大切なことではありますが、簿記3級や簿記2級の段階では深入りは、反対に理解の妨げになるということです。資産とは何か?というのはとても奥が深いのです。簿記3級や簿記2級の段階では、仕訳の意味を深く考えるのではなく、仕訳を覚えることで理解に繋がっていくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です