変動費と固定費

操業度との関連における分類

変動費と固定費

操業度との関連における分類とは、操業度の増減に対する原価発生の態様による分類であり、原価要素は、この分類基準によってこれを固定費と変動費とに分類する。ここに操業度とは、生産設備を一定とした場合におけるその利用度をいう。固定費とは、操業度の増減にかかわらず変化しない原価要素をいい、変動費とは、操業度の増減に応じて比例的に増減する原価要素をいう。(原価計算基準8(4))

準固定費と準変動費

ある範囲内の操業度の変化では固定的であり、これをこえると急増し、再び固定化する原価要素たとえば監督者給料等、又は操業度が零の場合にも一定額が発生し、同時に操業度の増加に応じて比例的に増加する原価要素たとえば電力料等は、これを準固定費又は準変動費となづける。(原価計算基準8(4))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

材料費の計算

次の記事

直接費と間接費