第148回 簿記検定試験の結果発表が続々と。。。

第148回簿記検定試験の結果発表が続々と

案外高い合格率!

第148回簿記検定試験の結果発表が今週より続々と各商工会議所から発表されています。

簿記3級
商工会議所 合格人数 合格率
岡山商工会議所 238名 49.6%
松戸商工会議所 275名 49.3%
徳島商工会議所 111名 42.4%
大阪吹田商工会議所 262名 51.7%
鹿児島商工会議所 297名 40.5%

 

簿記2級
商工会議所 合格人数 合格率
岡山商工会議所 106名 26.9%
松戸商工会議所 106名 32.9%
徳島商工会議所 24名 26.4%
大阪吹田商工会議所 140名 36.3%
鹿児島商工会議所 92名 23.7%

 

案外、合格率高いですね。東京、大阪などの主要都市には、大手の専門学校がありますし、また、最近は、大手の受験予備校などが、主要都市の大学の課外講義などで簿記の授業を行っていますので、主要都市の商工会議所の合格率は高くなるのかもしれません。

今回の簿記2級の問題にしても第3問で連結精算表(それも連結第2年度)の問題が出題されましたが、他の問題は、近年の過去問を解いて理解していれば、解答できる問題であったため、過去問をどれだけ解いていたかが合否の分かれ目になったかもしれません。

簿記3級も思ったよりも高いですね。第5問で精算表ではなく、財務諸表の問題が出題されると合格率は少し下がる傾向にあったのですが、今回は全く関係ありませんでした。全体の受験生レベルが上がっているのかもしれません。

第149回 簿記検定試験は6月10日(日)です。

簿記3級を合格された多くの方は、簿記2級に進むでしょうし、今回、簿記2級が不合格だった方も次の試験に向けて気分一新頑張っていかなければなりません。次回149回の簿記検定試験は6月10日(日)です。時は1日1日進んでいきます。それぞれの合格を目指して頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です