商品の運賃の処理(売り主支払いの場合)

商品の運賃の処理(売り主支払いの場合)

売り主負担(当方負担)

【例1】当店は、得意先姫路商店に商品10,000円を掛けで販売した。なお、当店負担の発送運賃1,000円を現金で支払った。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 10,000 売上 10,000
 発送費 1,000  現金  1,000 

 

売り主が支払った売り主負担(当方負担)の運賃は、売り主が商品を販売するために必要な支出と考えることができますので、費用の勘定科目である発送費a/cまたは支払運賃a/cで処理します。

買い主負担(先方負担)

【例2】当店は、得意先姫路商店に商品10,000円を掛けで販売した。なお、姫路商店負担の発送運賃1,000円を現金で立替え払いした。なお、立て替えた金額については、立替金勘定で処理すること。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 10,000 売上 10,000
 立替金 1,000  現金  1,000 

 

先方負担の場合は、後日、当店は先方(この場合、姫路商店)に対して、立て替えた金銭を後日、受け取ることができます。よって、先方負担の運賃を立て替えた場合には、立て替えたことによって、後日、金銭を受け取る権利を示す立替金a/c(資産)で処理することになります。

【例3】当店は、得意先姫路商店に商品10,000円を掛けで販売した。なお、姫路商店負担の発送運賃1,000円を現金で立替え払いした。なお、立て替えた金額については、売掛金に含めること。

借方科目 金額 貸方科目 金額
売掛金 11,000 売上 10,000
現金  1,000 

 

商品代金10,000円については、後日、姫路商店から受け取る権利が生じています。また、立て替えた運賃1,000円についても、後日、姫路商店から受け取る権利が生じています。10,000円を受け取って、さらに1,000円を受け取るということは、結果的に姫路商店から11,000円(10,000円+1,000円)を受け取ることと同じになります。よって、先方負担の運賃を立て替えた場合には、先方に対する売掛金に含めて処理することができます

先方負担の場合には、上記の【例2】の処理と【例3】の処理が考えられますが、検定試験では、問題文の指示または、勘定科目の指定により判断するようにしてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です