商品売買の処理(三分法)

商品売買の処理(三分法)

商品購入時の処理

【例1】当店は、仕入先明石商店から商品10,000円を購入し、代金は現金で支払った。なお、商品売買については、三分法で処理することとする。

借方科目 金額 貸方科目 金額
仕入 10,000 現金 10,000

 

分記法では、商品を購入したときに、資産の勘定である商品a/cで処理しましたが、三分法では、購入した商品を将来販売されることによる仕入原価(費用)と考えます。よって、購入時は、費用の勘定である仕入a/cで処理します。

商品販売時の処理

【例2】当店は、得意先姫路商店に原価10,000円の商品を12,000円で販売し、代金を現金で受け取りました。なお、商品売買については、三分法で処理することとする。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 12,000 売上 12,000

 

分記法では、商品を販売したときに、その商品の原価と利益を分けて記帳しました。しかし、三分法では、商品の原価と利益を分けずに、その商品の販売価額を収益の勘定科目である売上a/cで処理します。

結論

分記法の欠点は、商品を販売したときに、その商品の原価と利益を分けて記帳することが、お店の繁忙期のときに事務手続きがとても大変になってしまうということでした。三分法では、日々の取引における事務手続きの軽減を考えた上で、販売にその商品の原価と利益を分けて記帳せずに、単純にその商品の販売価額を売上a/cに記帳することで完了します。また、購入時には販売時の売上a/cに対応させるためにその商品の購入原価を仕入a/cで処理します。

商品購入時に仕入a/cで処理することにより、仕入a/cを通じて、商品の購入高(仕入高といいます)を把握することができます。また、商品販売時に売上a/cで処理することにより、売上a/cを通じて、商品の販売高(売上高といいます)を把握することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です