商品売買の処理(分記法)

商品売買の処理(分記法)

商品購入時の処理

【例1】当店は、仕入先明石商店から商品10,000円を購入し、代金は現金で支払いました。なお、商品売買については、分記法で処理することとする。

借方科目 金額 貸方科目 金額
商品 10,000 現金 10,000

 

商品を購入し、現金を支払ったことにより、現金という資産が減少しますので、現金a/cを10,000円減額させます。しかし、商品という財産を手に入れたことにより、資産の勘定である商品a/cを10,000円増額させる処理を行います。

商品販売時の処理

【例2】当店は、得意先姫路商店に原価10,000円の商品を12,000円で販売し、代金を現金で受け取りました。なお、商品売買については、分記法で処理することとする。

借方科目 金額 貸方科目 金額
現金 12,000 商品 10,000
商品売買益 2,000

 

商品を販売し、現金を受け取ったことにより、現金a/cを12,000円増額させます。しかし、商品という財産がなくなっていますので、商品a/cを原価分10,000円減額させる処理を行います。原価10,000円と販売価額12,000円の差額2,000円は、その商品を販売したことにより儲けになりますので、その儲け分2,000円については、収益の勘定である商品売買益a/cで処理します。

結論

分記法は、販売時に商品a/cを減額することによって、商品の在庫金額を商品a/cで把握することができます。また、商品売買益a/cを通じて、儲けの金額をその都度把握することもできます。非常に画期的な処理方法なのですが、販売時にその都度、販売された商品の原価を調べ、記帳することは、お店の繁忙期には、とても大変な事務作業となります。そのため、分記法という処理方法は、一部の業種を除いて、採用されることはなく、一般的には、次に説明する三分法で処理することになります。なお、検定試験においても問題文の指示がない場合には、三分法で処理することとなります。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です