当座借越

当座借越

当座借越契約

当座預金口座の残高を超える金額の小切手を振り出すことはできません。誤って当座預金口座の残高を超えた金額の小切手を振り出した場合には、その小切手は支払不能となります。支払不能のことを不渡りといいます。不渡りは、取引相手先や銀行との間の信頼関係を悪化させることになり、場合によっては、銀行との取引が停止になります。

商売を営んでいる者にとっては、当店の当座預金口座の残高を正確に把握することはとても大切なことなのですが、誤って当座預金口座の残高を超えた小切手を振り出してしまう可能性も否定できません。そのため、不渡りを防ぐために、銀行との間で当座借越(とうざかりこし)契約を締結することがであります。当座借越契約を締結すれば、契約時に設定した限度額まで自動的に銀行が金銭を融資してくれます。当座借越の処理には、一勘定制と二勘定制があります。

二勘定制

【例1】当店は、取引銀行と借越限度額100,000円の当座借越契約を締結した。本日、仕入先の明石商店の買掛金30,000円を支払うために小切手を振り出した支払った。なお、当座預金口座の残高は20,000円であった(二勘定制で処理)。

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 30,000 当座預金 20,000
当座借越 10,000

 

当座預金口座の残高は20,000円しかないため、小切手の券面額30,000円との差額10,000円(30,000円-20,000円)は、銀行からの融資額となります。この融資額は、後日、銀行に返済しなければなりません。二勘定制では、資産の科目である当座預金a/cと銀行に返済しなければならない融資額を示す勘定を明確に区別する方法です。この融資額については、負債の勘定である当座借越a/cで処理されます。

【例2】当店は、取引銀行の当座預金口座に現金30,000円を預け入れた。なお、当該銀行に対して10,000円の当座借越がある(二勘定制で処理)。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座借越 10,000 現金 30,000
当座預金  20,000

 

当座借越は、銀行からの融資額ですので、当座借越がある状態で当座預金口座に金銭を預け入れた場合には、先に銀行からの融資額を返済しなければなりません。そのため、30,000円の現金を当座預金口座に預け入れた場合には、先に当座借越a/cが10,000円減額され、当座借越a/cの残高をゼロにしてから、残額20,000円を当座預金a/cで処理することになります。

一勘定制

当座借越について、二勘定制を採用した場合には、当座借越に関する取引の都度、当座預金a/cの残高や当座借越a/cの残高を確認しなければならないため、非常に手間がかかってしまいます。そこで、当座預金a/cと当座借越a/cを当座a/cという勘定に1つにまとめて処理する方法があります。その処理方法を一勘定制といいます。

【例3】当店は、取引銀行と借越限度額100,000円の当座借越契約を締結した。本日、仕入先の明石商店の買掛金30,000円を支払うために小切手を振り出した支払った。なお、当座預金口座の残高は20,000円であった(一勘定制で処理)。

借方科目 金額 貸方科目 金額
買掛金 30,000 当座 30,000

 

一勘定制は、当座a/cのみが使われますので、当座預金口座の残高が20,000円ある状態では、当座a/cは借方残高20,000円となっています。その状態で上記【例3】の処理を行った場合、当座a/cの残高は貸方残高10,000円に変わります。当座a/cの残高が貸方残高の場合には、当座借越がある状態を表すことになります。

【例4】当店は、取引銀行の当座預金口座に現金30,000円を預け入れた。なお、当該銀行に対して10,000円の当座借越がある(一勘定制で処理)。

借方科目 金額 貸方科目 金額
当座 30,000 現金 30,000

 

一勘定制の場合、10,000円の当座借越がある場合、当座a/cの残高が貸方残高10,000円となっています。その状態で上記【例4】の処理を行った場合、当座a/cの残高は借方残高20,000円に変わります。当座a/cの残高が借方残高の場合には、当座預金がある状態を表します。

一勘定制を採用した場合の当座a/cは、その勘定が借方残高の場合には、資産の意味となり、貸方残高の場合には、負債の意味になることから、混合勘定と言われたりします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

普通預金及び当座預金

次の記事

小口現金